物置の屋根交換

物置が雨漏りをするため、トタン屋根の交換を行いました。
交換よりもなによりも、この錆びきったネジが外すのがいちばんの問題でした。
というか、この作業でずいぶんと日数を費やしてしまったのです。

なかなかの錆びっぷり

CRCをかけてレンチで動かそうにも、錆びでボルトとナットが一体化してしまっているようで、ビクともしません。
どうにもならず、試しにこのようなものを買ってみたら大正解。
凍結浸透ルブ。コイツは効きました。
あれほどまで動かなかったネジが、あれ?ってくらいに簡単に外れたのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【呉工業 クレ KURE】呉工業 クレ KURE 凍結浸透ルブ 480ml
価格:715円(税込、送料別) (2019/5/6時点)

さて、屋根交換当日。
まずは、ホームセンターで買ってきた波板を半分に切ります。

引いて切るよりも、押して切るようなイメージで

で、この作業がとてもやりにくい。
ホームセンターで波板の切断サービスをやっていない理由がよく分かりました。
少しくらい曲がってもどうせ屋根だから、そのくらいの気持ちで切りましょう。

外側、中側があるので注意

古い屋根をバリバリと外し、新しい屋根を置いてみます。

あとは、下穴を開けて、専用金具で留めるだけ。

下穴は、木工用のドリルで開けられました

金具を下穴にとおして

このようになります

完成!

よく見ると、ネジの長さが違っています。
ネジのサイズを間違えて買ってしまったのです。
どうせ屋根ですから。ちゃんと留まっていれば、それでいいのです。

物置の中から見ると、こんなかんじ

これまでは金属製のトタン屋根でしたが、こんどはポリカタフという透過性のある素材。
あたりまえですが、物置の中が明るくなりました。

強度は、トタン屋根のほうがあるようですね。
あとは、わたしが留めたこの屋根が、どの程度までの強風に耐えられるか。
そこがちょっと心配です。

明るくて、使いやすそう

外したトタンの波板は、そのままでは不燃物として捨てるにはサイズが大きすぎでした。
切るのも大変なので、市内のゴミ収集センターに持ち込みです。
ゴミ収集センターって初めて来たのですが、市のゴミ収集車も私のような一般車も、同じところで回収するんですね。
面白い体験ができました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする