自転車の壁掛けフックを取り付けた

自転車の壁掛けフックを、自宅の自転車置き場に取り付けてみました。

取り付け方法は簡単なのですが、はたしてこの壁に自転車をかけてしまっていいものか、とても不安がありました。
壁掛けというけど、ふつうは強度のある柱に取り付けるものですよね。
私が取り付けようとしているのは、壁。
そこでなるべく壁に負担がかからないよう、自転車の重さを分散させるようにしてみました。

ちゃんと設計図を描いたのに、その設計図に間違いが

コロナの影響でホームセンターのカットサービスが中止になってしまい、久しぶりにノコギリを使いました。
垂直を出すのに緊張しますね。

垂直に切れたかな、材質はスギです

直接雨が当たる場所ではありませんが、念のために防腐塗料を塗っておきました。
防腐塗料はキシラデコール。
娘が塗ってくれました。

組み立ては、中学生の息子が手伝ってくれました。
ドリルドライバーが気に入っているようです。
たしかに、締め終わりのガガガって音を鳴らすのが気持ちいいですよね。近所迷惑ですけど。

MINOURAバイクハンガー4Mというのを取り付けました。

耐荷重20kgで強度も十分なのですが、取り付けるために付いてきた付属のネジが太い。
私が持っている3.0mmの穴あけビットでは下穴が小さかったようで、ネジが途中で入らなくなってしまいました。
どうにかネジは抜けたのですが、ひとつネジ穴を潰してしまいました。

苦戦の末、どうにか取り付け完了

自転車を掛けてみた感想です。
もう少し、腕の長さが短くてもいいのかな。
自転車と壁との間に、無駄なスペースができてしまっています。

とりあえずは、倒れることがないことを願うばかり。
見た目はカッコいいんだけど、最近乗る機会があまりなくなってしまった自転車が、さらに乗るのが面倒になりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする