鳴子温泉(いさぜん旅館さん)に泊まってきました(2)

翌朝は、男女別の男湯、混浴のもうひとつのほう、昨日の女湯が男湯に交代となったのでそっちもと、チェックアウトまで忙しく風呂に入りまくってきました。

混浴風呂はちょうど掃除が終わった後らしく、湯船にお湯が半分も入っていませんでした。
しかし、浴槽の段差に頭を載せ、寝るようにして入るとちょうどよく、のんびりと入ることができました。
風呂のすぐ隣を走る、ディーゼルカーの音を聞きながら入る風呂もいいものです。

壁の向こうが、昨晩入ったほうの混浴風呂。行き来可能です。

朝になったら部屋のポットのお湯がぬるくなっていたので、炊事場のコンロでお湯を沸かしてきました。
自炊できる宿でよく見る、コイン式ガスコンロです。
10円を入れレバーを回すと、タイマーが動き始めます。
10円でなん分使えるのでしょうか、やかんのお湯くらいなら10円で沸きます。

チェックアウトの時間が11時というのは、翌朝のんびりできていいですね。
チェックアウト時間ギリギリまで、風呂に入ってフラフラになりました。

いさぜん旅館
宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯11
TEL 0229-83-3448

鳴子温泉(いさぜん旅館さん)に泊まってきました(1)<<

自炊できる温泉宿を探すのならコチラ

温泉旅館の、天ぷらや刺身といった料理はもう飽きた、というあなた。自炊をして温泉を楽しみましょう。自炊?面倒くさくない?そんなことありません。自炊なら、自分の好きなものを自分の好きな時間に食べられるのです。地元の商店をのぞいてみましょう。その
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする