鳴子温泉(いさぜん旅館さん)に泊まってきました(1)

長い長い、仙台出張の休日。
普段泊まっている宿にいてもしょうがないので、土曜の夕方、仕事が終わってから鳴子温泉に向かいました。

先月も同じパターンで鳴子温泉に泊まることがあり、鳴子温泉に向かう途中に大きなスーパーがあったので、そこで夕飯を調達しようと考えていたのですが、なかなかスーパーが現れません。
あれー、と思っている間に鳴子温泉に到着。仕方がないので、この日の夕飯はコンビニ弁当となりました。

砂善と書いて、いさぜんと読むんですね

部屋には冷蔵庫と炊飯器が置いてあります。

ひとりで使うには、ずいぶんと大きな冷蔵庫

夕飯を食べるよりも、風呂に入るよりも、まずは1週間分の洗濯です。
湯治の宿だと、洗濯機があるので大変便利です。

マイ洗濯洗剤を持ち歩いております

洗濯機を回している間に、風呂に入ります。
男女別の浴室の他に、混浴の浴室もあるんですね。

混浴っていうから大浴場を想像していたけど、泉質の違う小さめの湯船がふたつあるだけでした。
ここで混浴って女性にはハードル高いのでは、と思っていましたが、少ししたらおばさまがひとり、私の湯船に入ってきました。
こういう宿に泊まりに来る人は、みなさん平気なんですね。

混浴の風呂は何度も入ったことがあるけど、脱衣場まで男女同室というのは初めてです。
裸になっている時より、脱いでいる時のほうが恥ずかしいような気が・・・

こういう温泉文化なんですね

さて夕飯です。
食器は各部屋に用意されていました。
コンビニ総菜も食器の上に載せると、それらしく見えてくるものなのです。

食器は、こんなところに

肉団子を袋から直食いというのは、いただけませんね


いさぜん旅館
宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯11
TEL 0229-83-3448

>>鳴子温泉(いさぜん旅館さん)に泊まってきました(2)

自炊できる温泉宿を探すのならコチラ

温泉旅館の、天ぷらや刺身といった料理はもう飽きた、というあなた。自炊をして温泉を楽しみましょう。自炊?面倒くさくない?そんなことありません。自炊なら、自分の好きなものを自分の好きな時間に食べられるのです。地元の商店をのぞいてみましょう。その
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする