渋温泉は冬が面白い

冬に行くと面白い温泉地を紹介しましょう。
長野県北部、湯田中温泉の先にある渋温泉です。

大湯

なぜ、冬なのか?
それは、冬になると外国人観光客、それも欧米からの観光客が多く訪れるようになるからです。
浴衣を着て、下駄を履いて、温泉街を歩いている彼らを見るのは、なんだか不思議な気分。
温泉街に点在する共同浴場で一緒に入浴、なんてこともあるかもしれません。
しかし、彼らの目的は渋温泉ではありません。
温泉は温泉でも「温泉猿」。

渋温泉電車にもサル


だれでも一度は見たことがあるでしょう、露天風呂に入っている猿の写真を。
渋温泉の隣にある地獄谷温泉というところが、温泉猿の温泉なのです。
(このあたりでは「スノーモンキー」として宣伝しています)
日本人にはなじみの猿も、ヨーロッパ方面にはいないそうです。そのめずらしい猿たちが温泉に入っているのだから、それはもうスゴイことみたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする