網戸の張り替え

もうそこまで夏がやってきているので、網戸の張り替えをしました。
埃くらいの汚れなら、ハケでこするだけできれいになるのですが、キッチン脇の小窓は油汚れがびっちりと付いています。

こうなるとハケでは歯が立たず、網ごと張り替えたほうが、早いし楽なのです。

わが家は中古住宅なので、家の中に古い部分と新しい部分が混在しています。
キッチンの網戸は古い部分。
木の枠で作られた網戸です。

いまどき、こんな網戸ないでしょう。
しかし網の張り替えは、意外と簡単。
網を固定している周りの木枠を外して、新しい網に張り替えてやるだけです。

木枠を固定している丸クギを外して木枠を取れば

ペロンと取れる

簡単なのはいいのですが、毎年クギを抜いたり差したりしていたため、だんだんとクギ穴が拡がってきてしまい、クギの効きが悪くなってきてしまいました。
網戸と壁を固定している丁番も木ネジなので同様です。
ネットで調べてみると、拡がってしまった穴の中に爪楊枝を詰める、と書かれていました。
もう少し、半永久的に拡がらない方法を知りたかったのですが・・・

とりあえずは、張り替え終了。
10年前に白く塗ったペンキも、ところどころ剥がれてきています。
そろそろ、ペンキの塗り替えも考えないといけませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする