角間温泉共同浴場

角間温泉にある自炊宿角間荘は、角間温泉の温泉街のいちばん奥にあります。
温泉街といっても温泉宿が3、4軒程度の小さな温泉街なのですが、こんな小さな温泉街にも共同浴場があるのです。しかも3か所も。

角間荘に泊まったとき、夕方、共同浴場に行ってみようとしました。
しかし、ここの共同浴場は住民優先のようで、観光客の入浴時間は午後4時まででした。

その後、なかなか入浴できる機会がありませんでしたが、やっと入浴の機会を見つけました。というか、仕事の合間に無理やり作りました。

手こずらせやがって

共同浴場に入るには鍵が必要です。
鍵の購入方法については、他サイトに書かれているので割愛します。



浴室は結構広めです。
お湯が熱いのかと警戒しましたが、それほどでもありません。
これなら長湯ができます。

ふつう共同浴場というと、窓が小さく薄暗い共同浴場が多いのですが、角間温泉の共同浴場は窓が多くて明るいイメージです。
いくらでも長湯ができますが、私はこの後も仕事。気分的に焦ります。

木製の窓枠がいいかんじ

さて、温泉のほうなのですが、個人的には角間荘の温泉のほうが、温泉感が強くて好きです。
やっぱり、あの熱交換器効果なのでしょうか。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする