京阪電気鉄道京津線

京阪電気鉄道京津線が、大井川鉄道井川線、箱根登山鉄道に次いで、日本第3位の急勾配を走っているとは知りませんでした。
地下鉄区間から急勾配に急カーブ、そして路面区間。
これらすべての場所を走らせるために、一車両にさまざまな機器が積み込まれており、日本一高価な車両ともいわれているそうです。
地下鉄、登山電車、路面電車を走って、運賃240円。
いつか乗ってみたいものですね。

 京阪電気鉄道京津(けいしん)線は、京都市の御陵(みささぎ)駅と大津市のびわ湖浜大津駅を結ぶ7.5キロ・乗車16分間たらずの短い路線だが、すべての電車が京都市営地下鉄東西線に乗り入れ、最大61パーミル...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする