石炭輸送列車

この貨物列車の運転ルートに住んでいるので、普通に目にしていましたが、まさかあれがJR唯一の石炭輸送列車だったとは知りませんでした。
てっきり、石灰石を輸送しているものだと思っていました。

川崎市と埼玉県熊谷市を結ぶ国内唯一の石炭輸送列車が、3月14日のダイヤ改正で廃止されることが9日までに分かった。明治の鉄道草創期から130年以上にわたる「石炭列車」が幕を下ろす。 運行するJR貨物...

最近の貨物列車はコンテナ車ばかりになってしまい、面白みに欠けますね。
私の子供の頃の貨物列車は、箱型、平型、タンク車、コンテナ車等がバラバラに繋がっていて、これで目的地にちゃんと荷物が届くのか、心配になってしまうくらいの列車ばかりでしたからね。

こちらに、この石炭輸送貨物列車について、詳しく書かれています。

神奈川、東京、埼玉と首都圏を縦断するルートで、石炭を運ぶ貨物列車が1日1本だけ走っている。じつは全国のJRでも石炭列車は今やこの1本だけという鉄道遺産的な列車である。昭和の戦後まで、旧国鉄では数多くの石…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする