ビオトープ池に珍客が

わたしの癒しスポット
庭の小さなビオトープ池です。

手作りのため、どこかで水が漏れているのでしょうか?
水漏れ+蒸発で夏の間は特に水の減りが早くかんじます。

気温が高い夏は、水の量が少ないとすぐに水温が上がってしまうので、池の水位に要注意です。
夏の間は、毎週のように水を足しています。

今朝水を足していたら、ポチャンという音が。
よく見ると、カエルが。

子ガエルですね

オタマジャクシを入れたことはないし、わが家の周りには川や田んぼはないし、いったいどこからやってきたのでしょう。
近所の家で飼われていて、逃げ出したカエルか?

まぁいいんだけど、まさかウシガエルではないでしょうね。
特定外来生物に指定されているウシガエルだったらどうしよう。困るんだよな。

体の模様からはトウキョウダルマガエルのように見えるのですが、まだ小さいからもう少し大きくならないと分からないのかもしれません。
お尻から顔にかけて一本の線が入っているから、ウシガエルではないことを願うばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする