ふたご座流星群

12月14日、ふたご座流星群が極大になります。
12月13日の22時から翌日未明までが流星の見頃の時間帯です。
今年は、夜空が暗い場所で観察すれば、最も多いときで1時間当たり40個程度の流星を見ることができるかもしれません。(国立天文台より引用)
「1時間当たり40個程度」ということは、1分半に1個!
当日は月の光の影響も少ないようなので、期待できそうですね。

2017年のふたご座流星群は、比較的良い条件で観察することができます。日本でいちばんの見頃となるのは、極大を迎える前の、14日の0時過ぎを中心とした数時間だと考えられます。また、この前日の夜と翌日の夜も流星群の活動が活発で、多くの流星を楽しむことができるでしょう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする