いすみ鉄道祭【千葉県いすみ市】

懐かしい。
私が小学生の頃は、コレが走っていたのです。
当時は運転本数が少なかったので、乗り遅れている人がいると、発車時間になってもドアを閉めずに待っていてくれたものです。
ドアが閉まって、数メートル走り出したあと、列車を停めて、走ってくるお客さんを乗せていたこともありました。
今じゃ、考えられないですよね。
揺れがひどくて、すきま風もひどくて・・そんな列車ですが、思い出の列車なのです。
この列車、ドアが車体の外側に付いているのが珍しいのですが、写真では分かりませんね。

【いすみ鉄道祭 キハ30が走る!】 4月29日の「いすみ鉄道開業30周年記念 春のいすみ鉄道祭」で、"国吉駅のヌシ"こと「キハ30」がデモンストレーション走行を行います…! ※ご乗車はできません。 当日は12時10分よりデモンストレーションの説明、キハ30、運転士紹介。 13時より15時まで、国吉駅の側線を往復しま...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする